緣聚緣散來過便已成詩

有些路,總得一個人孤獨地走,其實也並非永遠地這樣孤獨下去,因為走到某個轉角路口,或許就會遇到另一個誌同道合的人,是朋友,是戀人,亦或是匆匆一過客,但終究曾相依扶持過,那麽也就不枉此行了。冥冥之中,許多際遇都是註定好的,不早,也不晚,我們會…

做好基礎護膚比你喝無數雞湯都重要1萬倍!

最簡版護膚步驟大部分的小白MM都會做的幾個護膚步驟:洗完臉然後塗點東西,擦個水乳面霜什麽的,這個就是最最簡單護膚啦。很多大學女生(這裏沒有貶低大學生的意思哈),或者宅在家裏的時候就是這麽護膚的。 &Q:不塗乳液面霜可以嗎?A:不可以,因為每次洗…

内モンゴルの鉱床探査の成功率、世界平均を上回る

内モンゴル自治区では昨年末までに金、銀、銅、鉛、亜鉛、モリブデン、タングステン、ウラン、鉄、チタンなど大型の一定規模以上の鉱床が29ヶ所、中型鉱床が88ヶ所、小型鉱床が494ヶ所発見されている。鉱床探査の成功率は7.12%で、世界平均の2−4%を大きく…

昼から半日断食、専門家がダイエット効果を否定

「昼から半日断食」とは、昼ごろ(午前11時から午後1時)をすぎてから翌朝まで何も食べないことだ。ダイエットに挑戦する成立香港公司多くの人にとって、これは良い方法のように思える。一部の人はこの方法を「健康の秘訣」とし、長年続けているという。人民…

焼きそれほど

母は脳貧血を起こしてふらつき、父は鬼のような形相で取りあえず周囲に他人の目がないか見渡してから、玄関の扉を閉めた。そして、深々と頭を下げるフリッツに詰め寄った。「……き、君は何者だ。正樹は入院することになっている。わけのわからぬことを玄関先…

い青躾手をな一

そんな機会はなかったが、自分を助けてくれた唯一無二の彩を守る為なら、きっと朔良はどんなことでもやってのけたはずだ。彩の存在だけが朔良を支えていた。夕暮れの自転車置き場で、二人の影が重なったのを見てショックを受けた。「あ……っ……」心に刃を突き…

まれを回してい

***「う~ん。そこの陰影は、少し抑えた方がいいね。ちょっと目立ちすぎるかな」「はい」素描に励む正樹の背後から、美術教師が声をかけた。「そこは光が当たっているけれど、パンで削ると白くなりすぎる。指の腹で擦ってごらん」「こうですか?」「それ…

答え逢わ

「そ、そのようなことは???ただ、お聞きしておりましたクシナダヒメさまと、余りにご様子が違いましたので、多少驚いたのは確かです???」「おねえさんたち。ぼくがちびのころから、いつも遠くからじっと眺めていたでしょ?」「ちびのぼくを、みんなで怖がら…

凪の保持する天

その日、詩鶴ははにかみながら、畑のシロツメクサで作った花冠と首飾りを、おずおずと差し出した。「おばさま、お誕生日おめでとう。」「おめでとう、ですって?」「何がめでたいの?こんなもの!」天音の母は詩鶴の心づくしを払いのけたばかりか、ヒールの…

に断しが決

「すみません。図々しくお世話になります。」「エアコンは使えるが、建物と一緒で家具も風呂もずいぶん古いんだ。不自由が有ったら何でも言って来ると良い。他の学生向けマンションの空き部屋から、取ってきてあげるよ。」「ありがとうございます。家電があ…

からを着てお

心配の余り何度も顔を出す直正に、風邪をうつしてはいけませんからと、叔母は面会を許さなかった。やっと熱の下がり始めた日の明け方。夜が白む前、厠に立った一衛は、雨戸から細く差し込む月の光の中で、たくさんの白うさぎが跳ねるOtelia 脫殼亞麻籽夢のよ…

子役の演勝て

「冬休みにうちに泊まりに来ないか?」 「いいの?」 「うん、うち田舎だから結構広いし普段みんなの家になかなか行けないから」 「本当?」 「もちろん、望遠鏡があるから星を一緒に観察しよう」 僕らは目を輝かせた。 中学校一年生の僕にとっても友達の家…

ましょ出歩いてい

で、結果的に僕は自分にとって必要不可欠なものを入手することができたってわけです。この、いかにもな箱に入ったインセンスも良かったですよ。非常に長いんですよね。30センチはあることでしょう。半分に折って僕は使いましたが、それでも1時Neo skin lab …

こ組さいお友

「うん。そうだね。じいちゃんにも歴史ありだ。ゆっくり休ませてあげて、柳川さん。又会いに来るから。」幼稚園バスの一番奥の隅っこに、涙ぐんだ禎克が腰を下ろし、ポケットからハンカチを出してそっと拭っている。姉のyou beauty 美容中心好唔好湊は一番前…

醒する気さぶら

枷のせいで、求はまともに言葉すら発することができなかった。男たちは自分たちも一糸まとわぬ姿で、酒を煽りながら、何度も求を抱いた。酒の力を借りなければ、彼らも間島の要求には答えられなかった。さすがにぐったりと意識reenex膠原自生すら混濁した相…

連れて世界に

「どこにも行くなよ。ずっと、おれの目の届くところに居ろ、翔月。」小さく頷いた翔月の目元がぷくりと膨らみ染まった。「泣くな。おれがいつも傍にいるから。」「ん……青ちゃん……」「更科君?気分悪くなって、さっき帰ったよ~。」「朝来た時から、具合悪そ…

て初かったから

「琉生は大きくなったよな。初めて会った時は、きゅうこうじゃーが大好きで、僕らの事なんて眼中になかった。サインしてもらったTシャツが小さくなってお母さんが捨てるって言った時、まだ着る~ってわんわん泣いてたのを覚えてるよ。」「それ、一年生にな…

生物質で配を

「先生。交通事故です。救急車で織田朔良が病院に運ばれる所を見ました。織田先輩が一緒に救急車に乗り込んだのを確認しました。どこの病院に行ったかはわかりません……」「ああ、片桐。近所の人から学校に電話があった。詳しいことはまだ何もわか香薰按摩ら…

た方々させて

すみません、つい興奮して汚い言葉になってしまいました…。祖母以外の年配の人とじっくり話す機会のない息子にとって、このような年配の方の生き方に触れるのは初めてで、お二人との関わりを通して大切なことを教わる貴重な機会となったようです。このような…

印度人不靠譜但是絕對信得過

1、德裏的COTTAGE GANGA IN出門便是購物街,地理位置優越。坐地鐵離康諾特廣場只有2站路的距離,如果去德裏火車站的話步行就可以到達。 2、KANHA PAYING GUEST HOUSE位於瓦拉納西老城區,只有六間房,但是老闆人超級nice。每天都給住店客人提bioderma 卸妝水…