ましょ出歩いてい


で、
結果的に僕は自分にとって必要不可欠なものを
入手することができたってわけです。

この、いかにもな箱に入ったインセンスも良かったですよ。

非常に長いんですよね。
30センチはあることでしょう。
半分に折って僕は使いましたが、
それでも1時Neo skin lab 代理人間弱は焚けますね。
それで500円。
こりゃ、とんでもなく安いですよ。
うん、大満足の結果です。


しかし、ここまでは去年の話です。
そのインセンスも残り少なくなってきたので
僕はふたたび《Mabolocci》さんに行って参りました。


こちらは店主の方です。
この方が非常に良いんです。
ご自分でもチベット(だったと思う)に行かれていて、
その写真も見せて頂きました。
お話も面白く、ずっと聴いていると
あっという間に時間が過ぎ去ってしまう感じです。


一回目のときも、まあまあ長くお話してくれたのですが、
今回も様々なことを聴くことができました。
そして、
新たなる、これまで見たことのないインセンスを
買うことも出来ました
(前に買った長いのが品切れだったからですが)。


でも、
ちょっと長くなったので
これは二回にわけちゃいますね。


1年を通じて最も寒い時期に突入してしまいましたね。
僕は寒いのがことのほか苦手な質なので、
この季節が最も嫌いです。
冷たい風が吹きすさび、厚手のコートを着ていても
体温が奪われていく――なんて書いているだけで
体幹まで凍えてしまいそうです。

この世界にはいろんな質の人間がいるもので、
ごくまれに僕は考えられないような人物に出会うことがあります。
それは、
この極寒の時期に半ズボン姿で出歩いているような人物ですね。
まあ、
主に小学生男子に多いから学校の制服なのかもしれませんけど
それにしたって、ねえ。
見てるだけで、こっちの太腿にも寒イボがたってしまいそうです。


ついこの間も、
ヒートテックをはき、ジーンズをはき、
足首には短めのレッグウォーマーを装着し、
セーターにマフラーにコートという僕の横を
半ズボン姿の少年が駆け抜けていきました。
感染症が流行ってるのだから、体幹を冷やすようなまねは
よした方がいいよ。免疫機健康生活能が弱まるからね」と
僕は言ってあげたかったです。
身体を鍛えるという側面もあるのでしょうが、
「過ぎたるは猶及ばざるがごとし」と言うじゃありませんか。
それに、
見てる方まで凍えさせるような服装は
やめてもらいたいというのもありますしね。


で、
そのときに思ったんですけど、
ああいった半ズボン(鼠径部辺りまでの丈で、
ちょっと股間が危うくみえるタイプ)は
いったい何歳くらいまで着用O.K.なのでしょうね?
いや、かくいう僕だって
子供の頃は履いてましたよ。
よくは憶えていませんが、
小学校三年生くらいまででしょうか。
その頃から寒いのは嫌いでしたけど
冬場も履いていたように思えます。


だけど、あれは成長した男子が履くには
ちょっとマズい代物ですよね。
いえ、実際にいたんです。
埼玉に住んでいた頃だとは思いますが、
50歳くらいの初老のオッサンが
股間の危うい半パン姿で歩いているというのを
僕は何度も見ています
(念のため書いておきますが、幻視とかじゃないですよ。
だって、奥さんも見てますから)。


たしか、そのオッサンは
ホワイトシャツに黒っぽい半パンで、
サスペンダーまでしていたような気がしますね。
まさに、
小学生男子の制服そのものといった格好で
50がらみのオッサンが歩いているんです。
しかも、七三分けで、眼鏡をかけて。
まあ、
大人だって、夏になれば
膝丈くらいの半パンは履きますよね。
だけど、ああいうのじゃないんです。
股間の危ういタイプの半パンです。
冬場でもそういう格好でたように思えます。




「春、ごめんって、泣きながらわめいていたらしい。で、その後子どもが出来て名前を付ける時に、妻が言ったんだ。「春」にしうって。酔わないと誰かに謝れないような人は、一生かけて償わないと駄目……って」
「うわ~……そんなぁ」


高校を買機票卒業し、大学に入学し、自分の後を追っていると気がついてから、いつか話をしようと思っていた。
大人になった今は過去の惨酷な遊びを、若気のいたりだったと謝って、子どもだったんだ、悪かったなと、一笑に伏してしまうつもりだった。

それなのに、今も春美は、部室に1人置いて行かれた過去の世界に住んでいる。
慕う後輩を残酷に翻弄する、聡一の居る過去に。

こ組さいお友


「うん。そうだね。じいちゃんにも歴史ありだ。ゆっくり休ませてあげて、柳川さん。又会いに来るから。」


幼稚園バスの一番奥の隅っこに、涙ぐんだ禎克が腰を下ろし、ポケットからハンカチを出してそっと拭っている。姉のyou beauty 美容中心好唔好湊は一番前の指定席に座って、乗り込んでくる園児たち皆に声を掛けていた。

「湊くん、おはよう~。」

「うっす。」

「今日の髪形素敵ね。」

「お母さんに、イングランドのサッカー選手みたいにしてもらったんだ。こういう髪型、ソフトモヒカンって言うんだよ。」

「湊くんに、似合ってる~。」

「ふふっ、ありがと。君たちもみんな可愛いよ。」

「いや~ん。」

女の子たちは姉のことを「湊くん」と男の子のように呼んだ。運動神経抜群で、かけっこも早くピアノも弾ける、空手の型も道場の模範となる。禎克とは真逆に完成された姉だった。
誰よりも男らしく格好いい万能の「湊くん」と桃色スモックの可愛い「さぁちゃん」の日々はこんな風だった。

そして「さあちゃん」こと金剛禎克に、思いがけない災難が降り注ぐことになる。女の子you beauty 優纖美容たちは、かっこいい子だと良いね~、でも、湊くんよりかっこいい子なんていないよね~と話をし、男の子たちはサッカーチームに入ってくれるといいなと待ちわびていた。奇数だとパス練習をするのにも一人余る。チームにとってメンバーが少ないのは、切実な問題だった。

「先生。女の子が来るの?男の子が来るの?」

「はい。静かにしてね。発表します。今日ひよんに入って来るお友達は、男の子です~。」

「やった~!男の子!。」

禎克はぼんやりと窓の外を見ていた。新しいお友達が来ようがどうしようがどうだっていい。
誰も気にも留めない、桃色のスモックがずっと憂鬱だった。
禎克がぼうっとしている向こうで、新し達が挨拶をしていた。

「はい、みんな注目~!新しいお友達を紹介します。柏木大二郎君です。ご挨拶できる?大二郎君。」

「はい。お仕事の関係で一か月だけ、こまどり幼稚園に通うことになりまyou beauty 投訴した。仲良くしてください。」

「は~い!」

ぺこりと頭を下げた子に、禎克以外注目していた。

醒する気さぶら


枷のせいで、求はまともに言葉すら発することができなかった。
男たちは自分たちも一糸まとわぬ姿で、酒を煽りながら、何度も求を抱いた。
酒の力を借りなければ、彼らも間島の要求には答えられなかった。さすがにぐったりと意識reenex膠原自生すら混濁した相手を、理性を持ったまま抱いたりはできなかった。

「なんだ、ありゃ……吊るされたやつ、生きてんのか……?」

「六郎さん……間島ってやつ、狂ってるんじゃねぇか……」

「ひでぇな。足元……カーペットの上、血だまりが出来てる。」

涼介を連れて来なくて良かったと、心底六郎は思っていた。出かけようとしたとき、涼介は何かの異変を感じとって自分も行きたいと六郎に告げた。一瞬連れて行こうかと躊躇したが、父親のこんな場面を見たら、涼介じゃなくともまともな神経の者は卒倒するだろう。
玄関先で仲間と様子を伺っていた六郎は、年寄りを家に送った月虹より一足謝偉業醫生先にやって来た顔見知りの向坂の手下と、思わず顔を見合わせた。

「六郎さん。」

「よぉ。世話になるな。」

「思ってたよりひどいっすね。」


医療用のサージカルテープで胸と雄芯に固定されたローターは、ずっと振動を続け、求を休ませなかった。
どれほど疲労困憊しても、薬を打たれると感覚が覚がする。気付いてはなぶられ、また昏倒する繰り返しだった。
与えられ続ける刺激に、気を失っていても生理的に僅かに反応して勃ち上がる雄芯を、間島は指で弾いて酷薄に笑った。

「可愛いなぁ、求は……剃っちまったら、ここも昔のまんまじゃねぇか。」

体力は削られ、がくがくと爪先立ちで揺れる求は、がっくりと首を落とし意識の無い人形になっていた。
叫び続けて、喉は嗄れ、たまに与えられるスポーツ飲料だけが命綱だった。
数日にわたる加虐のせいで、瀕死の求からはげっそりと別人のように肉がそげていた。
覚醒剤のせいで、痛みを感じないのがせめてもの救いだっただろうか。求は薬のせいで、全身に大量の汗をかいていた。

連れて世界に


「どこにも行くなよ。ずっと、おれの目の届くところに居ろ、翔月。」

小さく頷いた翔月の目元がぷくりと膨らみ染まった。

「泣くな。おれがいつも傍にいるから。」

「ん……青ちゃん……」

「更科君?気分悪くなって、さっき帰ったよ~。」

「朝来た時から、具合悪そうで、顔色悪かったじゃん。荏田ぁ、ナイトなのに知らな楊婉儀幼稚園かったの?」

確かにそうだった。いつもより顔色を白くして現れた翔月を労わるどころか、激高して詰って傷付けて泣かせた……。

「それで、翔月は?」

「今日は養護の先生お休みだから、すぐにも帰った方がいいだろうって、担任が自家用持ってる先生を探しに行った。軽い熱中症かもしれないなって言ってたよ。」

いつか柏木は、翔月を捕らえて虐めた。
初めて翔月と思いが通じた日、めくったシャツの下に、赤くぷくりと腫れた痛々しい胸の小柱を見つけた。仰天した青児が相手は誰だと詰め寄った時、ごめんね……と、翔月は俯いて小さな声で打ち明けた。



「そうか。大変だったな。泊まる場所がないんなら、小父さんちに来るか?何時まで居たっていいんだぜ。小父さんにも、そのくらいの甲斐性はある。ん?金がないならホテルにも泊まれないだろ?まだ野宿は寒いもんなぁ。」

「……ほんとぅ?」

「ああ。わけありだろ?小父さんはさ、こう見えても面倒見がいいんだ。何、泊まり賃なんていら楊婉儀幼稚園ないさ。困ったときは御互い様だ。どうせ、一人暮らしなんだ。」

「……でも、そんな……悪いよ。」

「いいって、いいって。」

男は涼介の少ない荷物を手に取った。

いきなりその場で腹が減ったとしゃがみ込み、涙にくれた涼介にたらふく飯を食わせてやったのが始まりで、そのまま月虹に懐いてべったりとくっ付いている。
どう見ても高校生にも見えない一宿一飯の小犬を、昼間の戻してやろうと、月虹は何度も家に帰るように言って聞かせたが、小犬は決して首を縦にふらなかった。理由を聞いても、母親の再婚相手が嫌な奴だからと、はぐらかしてばかりで、結局、諦めた月虹は涼介のしたいようにさせている。
それほど毛嫌いするからには、何らかの理由があるんだろう位に思っていた。
やがて、月虹は入り浸っている鴨嶋組に涼介を行った。組と言っても、組長は高齢で、組員は数人しかいなかった。

「女に生まれて運が良かったな。あんたには返すもんがあるだろう?夢があるなら、なおさら良い。きっちり借金にカタ付けて新しく人生やり直す勇気を持ってみるか?あんただったら、二?三年もあれば借金何ざ終わっちまうだろうさ。おれが中に入って話を付けてやるよ。金も立て替えてやるから、おれに月々返しゃあいい。店もおれが世話してやる。頑張ってみな。」

そんな月虹の言葉を、雪ちゃんはうんうんと頷きながら聞き、しばらくの間、月虹の胸で泣いた。
そして、その日の夕方には、雪はスーツケースを片手に月虹の紹介したヘ黃斑部病變ルスの戸口に立っていた。母親も安っぽい連れ込みホテルの受付で働けることになった。

て初かったから


「琉生は大きくなったよな。初めて会った時は、きゅうこうじゃーが大好きで、僕らの事なんて眼中になかった。サインしてもらったTシャツが小さくなってお母さんが捨てるって言った時、まだ着る~ってわんわん泣いてたのを覚えてるよ。」
「それ、一年生になる前の話だよ。あのTシャツ結局、色も褪せてるからってお母さんは捨てちゃ香港と中国ツアーったんだ。ぼく、角まで泣きながらごみ袋を拾いに行ったんだよ。」
「琉生はそんな前の事を、覚えてるのか?」
「うん。尊兄ちゃんと隼人兄ちゃんに会ったのは、生まれめて遊園地に行った日だったんだ。帰りにたくさんおもちゃを貰って、すごく嬉し覚えてる。尊兄ちゃんが抱っこしてくれて、レッドが頭を撫でてくれたんだ。嬉しくて胸がどきどきした。」
「そうか。琉生にはいい思い出だったんだな。良かったよ。」
「きゅこうじゃーと敵を倒したんだよ、忘れないよ。」
「ははっ、そうだったな。」
「きゅうこうじゃーブラスターで、こうやって怪人を倒したんだよ。」

琉生は撃つポーズを取って見せた。
そう言う尊も、遊園地での出来事を覚えていた。
ソフトクリームを両手で持ったまま、どうすればいいのか思案顔を向けた琉生の仕草。初めて首爾自由行套票会った父の再婚相手の連れ子に、尊はその日から庇x掻き立てられっぱなしなのだ。
小さな弟が、可愛くて仕方がない。
それこそ誰にも渡したくないほどに。

「尊兄ちゃん、大学に行ったら一人で住むの?」
「そうだな。大学の近くにアパートを借りるつもりなんだ。多分奨学金がおりるはずだから、親父のすねは余りかじらなくても済むと思う。なるべく自力で頑張ろうと思ってるんだ。」
「お泊りに行ってもいい?」
「勿論いいよ。そういえば、聞いた事なかったな。琉生は大きくなったら何になりたいの?」
「ぼく?あのね……絵を描く人になりたい。まだ誰にも言ってないし、なれないかもしれないけど。夢だよ。」
「琉生の絵はいい絵だものなぁ。お兄ちゃん、琉生の絵温かくて好きだぞ。誕生日に琉生が描いてくれた絵、大切に取ってあるんだ。僕の宝物だ。ただなぁ、美大に行くつもりなら、これから勉強も頑張らないと大変だぞ。絵だけ頑張っても、大学は受からないからな。勿論実技も必台北自由行套票要だろうけど。」

琉生は尊の膝から滑り降りた。

生物質で配を



「先生。交通事故です。救急車で織田朔良が病院に運ばれる所を見ました。織田先輩が一緒に救急車に乗り込んだのを確認しました。どこの病院に行ったかはわかりません……」

「ああ、片桐。近所の人から学校に電話があった。詳しいことはまだ何もわか香薰按摩らないんだ。」

「そうですか。」

里流は落胆した。少しでも早く詳細を知りたいと駆け戻ったのに……

「人身事故だからトラック運転手も事情聴取されているらしい。そちらは無傷だということだ。学校側としては、警察からもう一度連絡が来るのを待っている状態なんだ。取りあえず、二人の織田の保護者に連絡を取っているところだ。」

そのうち教員室の電話が鳴り、教頭が飛びつくようにして受話器を取った。
一番近い鴨川総合病院に運ばれたと、連絡があった。
織田朔良の容体は分からないが、とにかく命に別状はないんですねと、教頭は何度も口にしていた。
不幸な交通事故だったが、安堵のため息が漏れた。

病院に行っても何もできる事はない。今は彩から何か言って来るまで、おとなしくしていよう窩輪到期と里流は思った。
蒼白の彩に掛ける言葉を持たなかった自分は、せめて彩に心掛けないようにキャプテンとして出来る事をしていよう。ワードを開き、勧誘文章を考えながらそれでも彩の顔を思い出すと落ち着かない里流だった。

*****

彩はぐったりと青ざめた朔良の手を握っていた。
身じろぎもしないで薬の力を借りて眠る朔良の体には、何本もの点滴のチューブがつながれている。看護師が痛み止めと抗すと説明をしてくれた。
落ちてゆく液体の滴を思わず目で追ってしまう。

「ごめん……朔良……」

力なくつぶやく彩が見つめる足は、腫れが酷いために処置できないで、いくつもの氷嚢に覆われている。

取り返しのつかないことをしてしまった。
熱のある朔良を後部座席に乗せて、ゆっくりと漕いでいた彩は、降り始めた雨に当ててはいけないと先を急いでしまった。
路肩の砂で滑って横転したとき、道路側に投げ出された朔良は、急ブレーキをかけたトラックが突っ込んでくるのを避けられなかった。二人の乗っていた自転車が、トラックの下敷きになりトラックの大きなタイヤをバーストさせた。
しゃくるようにしてスピードを落としたトdermes 投訴ラックの車輪が、「お兄ちゃん!」と叫んだ朔良の足を轢いた。

た方々させて


 すみません、つい興奮して汚い言葉になってしまいました…。

祖母以外の年配の人とじっくり話す機会のない息子にとって、このよう
な年配の方の生き方に触れるのは初めてで、お二人との関わりを通して
大切なことを教わる貴重な機会となったようです。
このような学習は、親がさせたくてもなかなかさせられるものではあり
ません。ていうか親reenex cps價錢が言えば反発しか返ってこない。

地域がこのように、修学旅行の子ども達を受け入れ、日本人として大切
な原点を自分たちの生き方を通して伝える、こんな素晴らしい形の修学
旅行もあるのだと改めて知りました。

普段は無感動この上ない息子が、楽しそうに私にいろいろ自分が学んで
きたことを教えようとする姿に私は感動してしまいました。

ゲームやパソコン三昧の困った奴をここまで感動させ、人間教育して下
さるなんて…すごい!
こんな素晴らしい内容の修学旅行を企画した学校は素晴らしい!


「なんやこの地味な内容は! ショボいし楽しくもなんもないやんか。
こんな企画を考えた根暗な教師の顔が見たいわ」なんて思ってゴメンな
さい。
他の学校が派手なリゾートに走る中、学習の基本を貫き 人間の行き方を
学ばせる企画を作った先生、あなたは素晴らしい!

息子は「鹿児島の人は最高!」と、すっかり鹿児島ファンになり、それ
からというもの、朝食にパンと飲み物しか出さない私に「鹿児島では、
朝はご飯に味噌汁に野菜にとちゃんとした朝食を作ってくれはった。
あれが本reenex膠原自生当の朝食や」と正しい朝食を要求し、「夕食の品数が少ない」
とか「手がこんでない」とか、まるでワンマン亭主のように文句が増え、
何かあるたびに鹿児島のご夫婦と比べられて私はさらに忙しくなりまし
たが、息子の考え方を変え親の気持ちまで満足もらえた修学旅行
に感謝しきりなのです。

昨年は大震災など、自然の脅威を身近に感じたとともに、その中でも
必死に生きる人々の強さと絆を改めて考えさせられた年でした。
今年は みんなが平穏で普通の暮らしができるような年であってほしい
と思うとともに、震災で被害にあわれにたくさんの幸せが訪れる
ようにと願います。

さて、皆様はおせちをつつきつつテレビを見て、とおだやかな元旦を
お迎えになられたでしょうか。

我が家は久々に元旦は家でゆっくりする予定でした(いつもは料理を
持って実家に行くのですが、母は弟家族と丹後に蟹食べにお出かけ)。
ところが! 思わぬドタバタ元旦となってしまったのでございます。

12月30日からダンナに「窓拭きだけはして(他には何も頼んでない。
頼んでもしないし)」と散々言ってたのに「へいへい」と返事reenex 效果ばかりで
ちーっとも動かず、ついに12月31日の3時を越えたため、シビレを切らした
私が窓拭き実行。